Mizoguchi Research Group
Institute of Industrial Science, The University of Tokyo

本研究室では第一原理計算とナノ計測,情報科学手法を駆使し,
物質における
構造と機能の相関性(構造機能相関)を
明らかにする研究を行っています

 
〒153-8505 東京都目黒区駒場4-6-1
東京大学 生産技術研究所 物質・環境系部門 Fe-312
(東京大学大学院工学系研究科マテリアル工学専攻

研究室見学随時受け付けております.
溝口までメールで気軽にご連絡ください .

駒場リサーチキャンパスにおけるキャンパスライフは
こちらを参考にしてください.
 
 
溝口研Youtubeチャンネルはこちら
~自宅学習にご活用ください~
 

NEWS

2020, September:

  • [new!] 人工知能技術を利用してXANES領域から動径分布関数を決定する手法開発に関する研究成果がJ. Phys. Soc. Jpnの速報に掲載されました.Open Acessです
  • [new!] 日本金属学会秋季大会(オンライン)において学生が発表しました.
  • [new!] TEM内高温その場観察によりガラスのSpinodal分解を直接観察し,新たな相分離機構を明らかにした研究成果がActa Materialiaに掲載決定しました.AGCとの共同研究です.
  • [new!] 応用物理学会秋季大会(オンライン)において学生が発表しました.
  • [new!] 日本セラミックス秋季大会(オンライン)において学生が発表しました.
  • [new!] OGの小田尋美さんがForbes誌で特集されました!こちら
  • [new!] OBの東北大学・宮田智衆先生がナノテクジャパンで特集されました!こちら

2020, August:

  • 2020年度版 研究室紹介 こちら
  • 駒場材料学セミナー2020オンラインを開催しました.こちら
  • 塩化アルミニウム分子のグラファイト脱挿入に関する共同研究成果がJ. Alloy. Comp.に掲載されました.東大生研八木研究室との共同研究です.こちら
  • 4D-STEMを用いて非晶質材料の組成と試料厚を同時かつ高精度に決定する手法開発に関する研究成果がUltramicroscopyに掲載されました.NIMSおよびAGCとの共同研究です.オープンアクセスです.

2020, July:

  • Monochromated STEM-EELSにより振動スペクトルをナノレベルで計測し,ガラスの中に埋もれたTricluster構造の空間分布を明らかにした研究成果が ACS Applied Nano Materialsに掲載されました.東大生研井上研,弘前大学増野研,京都大学倉田・治田研との共同研究です.こちら

2020, June:

2020, May:

  • 界面構造を決定することなく界面の物性を予測することに成功したマテリアルズインフォマティクスに関する研究成果がApplied Physics Expressに掲載されました.オープンアクセスです
  • Youtubeに東大生研溝口研チャンネルを作りました.科学実験やセミナー,講義(簡易版)を配信予定です.自宅学習にご活用ください.こちら

2020, March:

  • 学生が工学研究科長賞(マテリアル工学専攻主席)を受賞しました!こちら
  • 溝口研究室Twitterはじめています.こちら
  • 分担執筆した教科書「東京大学工学教程 基礎化学 分析化学II」が丸善出版から発刊されました.こちら

2020, Feb.:

  • 人工知能技術を利用したスペクトル解析に関する招待解説論文 "Machine learning approaches for ELNES/XANES" がMicroscopyにonline掲載されました.Open Acessです
  • 結晶界面インフォマティクスに関する解説論文が日本金属学会「まてりあ」に掲載されました.

2020, Jan.:

  • 機械学習を用いた界面構造決定と機能相関に関する解説が触媒学会誌「触媒」に掲載されました.

過去のNEWS